カンボジア観光/旅行

【プノンペン物価一覧】旅、現地採用etc.タイプ別生活コスト【2018最新版】

投稿日:2018年9月1日 更新日:

こんにちは。カンボジア在住6年目のマサです。

今日は物価について少々。

記事の対象は「カンボジアで生活するならいくらかかるんだろうって方」ですかね

イメージ湧きやすくするためにドミトリー滞在だとして計算してみましょうか。

ビザ代やバイク代や日用品費などは抜かした計算です。

プノンペン節約ローカル版

宿代(光熱費込み)…$5×30日=$150

飯代…1日$4×30日=$120

水・ジュース代…$10

交通費…$10

飲み代…$10

カフェ代…$10

合計…$310

宿代(光熱費込み)…$5×30日=$150

宿代は頑張れば1日$3のとこも見つかるでしょうが、最低限これくらい見ておいたほうが無難です。宿に直接行くよりかは予約サイトのセールや割引を見つけましょう。

プノンペン市内だと

https://www.hotels.com/

https://www.agoda.com/ja-jp/

https://www.booking.com/index.ja.html

なら大差はないでしょう。

飯代…1日$4×30日=$120(屋台飯オンリー)

朝飯$1、昼飯$1、晩飯$3ってとこでしょうか。

朝ごはんはパンだけ。

昼ごはんは市場の屋台や移動式の屋台。

晩御飯も道路沿いのチャーハンや焼きそばの屋台だといいでしょう。

だいたい$1.5で食べれますが、毎日はきついと思うので微妙に幅を持たせました。

水代…$10(12本パック)

これは500ミリボトルを毎日買ってもよいですし、大きなものでも。

ただオススメは12パックの常温の500ミリペット。

これは$1以下で買えるので、きんきんの水が欲しい時以外はこれで大丈夫な気がします。

交通費…$10(バス路線メイン)

一応計上しておきましたが、これはなんていうか、貧乏人にとって移動はぜいたく品みたいなものです。

何よりプノンペンは飯代と比較した時に交通費がお高め。

最近GrabやPassAppで価格は下がってきているものの少し市内で遠出すれば往復$5はかかってしまいます。

【2018年版】カンボジアのトゥクトゥク配車アプリ、最大手はGrabじゃない? 各社の特徴分析

JICAが導入を手伝った市内バスがあり、こちらはR1500なのでこちら使いこなせると神ですね。

Stops near meというアプリで路線等は分かります。

飲み代…$10(コンビニ)

お酒を飲まないに越したことはありませんが、ちょっとくらい欲しいですよね。

そんな時はコンビニで安いものを買いましょう。ビールなら$0.5から$0.75ほど。

カフェ代…$10(ローカルカフェ)

カフェもそうですね、行かないに越したことはないけど、作業したりで気分転換はしたいですよね。

スタバに行ったら月2回で終わってしまいますが、ローカルカフェなら一杯$2ほど。うまく見つかると一杯$1や$1.5なんてカフェもありますよ。

【冷房苦手な人向け】プノンペンのコスパ最強カフェを断言する【スタバじゃないよ】

合計…$310(月3万円生活も実現可能?)

なんだかんだ3万円ですかね。ただ正直この生活ができるのは二十歳くらいのバックパッカーまでな気がします。ある程度大人になってしまうと、どうしても我慢できないご飯のクオリティみたいなもの出てきますもんね。

僕も大学2年生のころバックパッカーしてましたが、まずお酒飲みませんもんね。

カフェも行きませんし。なんてコスパのいい生活をしていたのでしょう。

プノンペン我慢しない版(現地採用想定)

宿代(光熱費込み)…$9×30日=$270

飯代…1日$9×30日=$270

水・ジュース代…$30

交通費…$30

飲み代…$100

カフェ代…$30

合計…$730

手取りが$1000から$1500程度の人を想定に書いてみました。

宿代(光熱費込み)…$9×30日=$270

実は綺麗なドミトリーに泊まっても一泊$6ほどなのですが、住む想定で書いてみました。現地で働く想定となるとドミトリーはきついなって方が多いと思いますので、その設定です。

家賃が$200ほどがセキュリティがマシなアパートメントの最安価格。ここに電気代や細々したものあわせ余裕をもたせこの金額に。

【家賃5000円】ローカルアパートメントの探し方決定版【プノンペン2018年】

飯代…1日$9×30日=$270

ご飯も同様ですね。

毎食屋台飯は、長くなってくると中々大変。

スーパーに行けば普通に$5や$10は使ってしまうもの。

レストランで外食をすれば安くて$5だけどなんだかんだ$10行ってしまうもの。

外食で1000円なら日本だと安くても若干高く感じてしまいますね。

水・ジュース代…$30

さすがに毎日お水はきついですよね。

コーラやシェイクだって飲みたくなります。

ローカルで買えば一本50円ですが、塵も積もれば山となりますね。

交通費…$30

移動はバイク購入かトゥクトゥクと行ったところでしょうか。

日系企業だとトゥクトゥク禁止でタクシーのみなんて所もありますが、もし余力があるのであれば車がオススメです。

トゥクトゥクもGrabやPassAppを有効に使いましょう。

通常トゥクトゥクは長距離になればなるほど値段があがるため、一回で$5越えなんてこともザラですね。

目の前でトゥクトゥクが事故ったので「安全 / 治安」について考えてみた。

飲み代…$100

これはそうですね、まぁバンケンコンで飲んでもリバーサイドで飲んでもこれくらいしますよね。

下手すると$200越えくらい飲む時もありますしね。

どこでもだいたい一杯$4程度がプノンペンの相場かなと思います。

高級クラブなんかで一杯$6ですね。まぁ行かんけど。

コンビニ酒なら一杯$2以下で毎日楽しめます。

カフェ代…$30

普通のチェーン店のカフェでは一杯$3程度が相場です。

さすがに毎日は行かないと思いますが、テイクアウトも勘定するとこれくらいかな、と。

合計…$730

まぁこんなもんでしょう。

節約節約してたら身がもちませんからね。

適度に節約して適度に遊ぶ、そんな感じでいくとこれくらいかかりそうですね。

【番外編】農村ホームステイ

宿代(光熱費込み)…$1×30日=$30

飯代…1日$1.5×30日=$45

水・ジュース代…$10

交通費…$15

飲み代…$10

カフェ代…$10

合計…$120

おお、なんと合計月1万円~1万5千円程度。安いなぁ。

宿代(光熱費込み)…$1×30日=$30

仮にホームステイした場合はただでいいよってこともあるでしょうが、これくらいは。

ただこれは最低価格ですよ。

 

仮に僕がホームステイさせて頂く時は普通に1日$3~$5計算ほどで換算しています。

お邪魔させていただくわけですしね。

ここは失礼がないようにしたいところ。

飯代…1日$1.5×30日=$45

これも恐らくただでくれるでしょう。

ただ村でご飯を作るのは大変な重労働。

時間もすごくかかります。

その感謝の気持ちと、材料費くらいはきちんと渡すと長期的にいい関係が築けることでしょう。

 

また市場に一緒に行ったり、むしろ食材を市場で買ってきて自分で作るのもありですね。

ただ市場も遠いとバイクの調達やらが大変です。

食材を買ってきても調理場は一つしかないので家族の準備の邪魔にならないよう気を遣いましょうね。

それでこそ、かっこいい大人です。

水・ジュース代…$10

村は日差しを遮るものがないですかね、暑い。

風は涼しくてもどうしても温度が高い。

というわけで冷たいジュースをみな沢山飲みます。

一杯$0.25が相場なので1日4杯飲んでも安いですが、コーラやビールなどはプノンペンと同じ値段ですね。

ただ価格の上乗せがない分安く感じるかもしれません。

コーラもビールも$0.5ですね。

交通費…$15

これは移動を想定した交通費ですが、もし村の中にずっといるのであれば自転車移動できますからね。

安いもんです。

自転車はどの地域でもおおよそ$50程度。$40程度のチャリはクオリティーが低かったり壊れやすかったりするのでそこも勘定しておきましょう。

飲み代…$10

正直飲まない生活も可能です。

夜は早いですからね。

ただ人が集まるとお酒は飲むもの。

ビールと焼酎が親しまれています。

僕は地場焼酎(スラソー)にコーラや甘いエナジードリンクを混ぜて酎ハイっぽくしてよく飲んでいます。

カフェ代…$10

カンボジアはカフェブーム。

実はこれは地方でも同じ。

村だとしてもバイクで30分も走ればカフェの一つくらいあるんですね。

カンボジアのカフェ文化様様です。

うちの支援地の近くにもコンビニ兼カフェがあり、よくそこにお世話になっていました。

合計…$120

僕は本業の一環で村でフリースクールを運営しています。

プノンペンから1時間ほどの所ですね。

うちの過去のインターン生なんかはこれくらいの水準で生活していましたね。

もちろん年齢やお酒をどれくらい飲むか、プノンペンにどれくらい遊びに行くかによって大きく変わります。

それでもやはり村は安いですね。

プノンペン市内物価一覧2018年版

仮に1日分想定で計算してみました。

宿代…$6

お水12本パック…$1

(朝ごはん)豚ご飯…$1.25

(ランチ)炒め物…$1.25

トゥクトゥク往復…$2

カフェ…$3

(ディナー)レストラン…$5

飲み代…$2

合計$21.5

1か月合計$21.5×30日=$645

これを多いと見るか少ないと見るかは年齢や境遇によって変わるでしょうが、現実的なラインではないでしょうか。

この生活で1か月で7万円弱。

貧乏でないバックパッカーはこれくらいでしょうかね。

また現地採用組も若手はこれくらいかな。20後半くらいになってくるともう少し生活コストはあがるかなと思います。

【番外編】トークンハウス

やはり宿代がうくのが大きいですかね。

トークンは安いなぁ。

【トークンハウス】行き方から出会える人達まで【プノンペン2018】

まとめ

よくTwitterでフリーランスの方は生活コストの公開をしているじゃないですか。

ただ僕は正直物欲も普通にあるし、普通にいい暮らしをしたいタイプなんですよね。

もちろん節約はできたらしたいし、親にはそうやって育てられてはきたものの、日本の節約とカンボジアの背う役は少し訳が違う気がします。

なんというか、本当のローカル生活を送ろうとしたら月$40もかからないんですよね。

実際僕が大学支援で関わっている学生たちは月3000円~4000円程度で暮らしている子が多め。

まぁ平均月収月1万円の国ですからね、当然っちゃ当然です。

 

大卒新卒のお給料は$200を越えるのですが、それも殆ど田舎のお母さんお父さんに送ってしまうのが実態。

ただ僕ら「外国人」がその暮らし通りに出来るかはまた別の話なんですよね。

ということでこの記事では現実的な範囲で想定プランを書いてみました。

全然質問があればTwitterのほうごご連絡いただけたらと思います。

 

それでは皆さん、よい1日を!

 

おすすめ現地情報

1

こんにちは。マサ@カンボジアです。 今日は最近厳しくなってきたカンボジアのビジネスビザ延長のお話を少々。 記事の対象は「雇用されてないけど、どうやったらビジネスビザを延長できるのか心配」な方向け。 結 ...

2

こんにちは。マサ@カンボジアです。 実は先日、朝から昔の虫歯が疼き…でも予定が詰まっていたので痛いながらも我慢。しかし夜21時頃、もう痛さが限界!ということで空いている薬局に直行しました。 ミニ結論「 ...

3

こんにちは。マサ@カンボジアです。 今日はある方と航空券取得の話をしていたので、ANA直行便やエアアジアなど取り方とかそこらへんを。 記事の対象は「カンボジア行きの航空券買いたいけど、よく分からない」 ...

4

こんにちは。マサ@カンボジアです。 今日はスタディツアー中に大学生と共に実施した大学進学支援での一コマを。 記事の対象は「スタディツアーで村でどんな体験が出来るのか気になる」という大学生向けです。 関 ...

5

こんにちは。カンボジア在住6年目のマサです。 今日はちょっと通信大手Smartの店舗に行ってきたのでそちらをどどんと! 記事の対象は「カンボジアの携帯料金の仕組みがイマイチ分からない」という方です。 ...

6

こんにちは。カンボジア在住6年目のマサです。 今日は物価について少々。 記事の対象は「カンボジアで生活するならいくらかかるんだろうって方」ですかね 関連

-カンボジア観光/旅行
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© Cambo Portal , 2019 All Rights Reserved.